Windowsの指紋認証

Windowsの指紋認証とは?

Windows7以降からは、指紋認証システムのためのソフトウェアがMicrosoftから配付されています。
これは、PCを起動したときに行うログインのための認証にバイオメトリクスのためのフレームワークをあらかじめとりいれているためのしくみです。
このフレームワークを実行するためには、PC本体に指紋リーダーやその他のバイオメトリクス認証ができるための機器が接続されていることが条件となりますが、必要デバイスを使用することにより簡単に使用ができるようになっています。

Windowsにおける生体認証システムの概要について説明をしていきます。
Windows7のOS内に組み込まれている機能としては、まず生体認証デバイスを使用するためのドライバー、またはそのドライバーのサポートソフトが入れられています。
またそれらのデバイスが正しくインストールされることにより、PCに接続したときに内部機能を使用する資格を認証するシステムと直結されるようになっています。
Windows7では、使用者権限としてグループポリシーの設定ができるようになっていますが、指紋認証を行うことで自動的にその資格者がどこまでの仕様権限があるかということを認識することができるようになっています。
他にも新たに生体認証のためのデバイスを追加されることを拒否できるよう設定したり、新たに指紋認証システムのためのソフトウェアをインストールしようとすることを拒絶できるようにもなっています。

Windows7付属の生体認証デバイスについて

Windows7付属の生体認証デバイスにおいては、使用できるのは基本的に管理者特権を持つユーザーのみとなっており、指紋を使用してログインすることにより自動的に管理者としてPCを操作する特権を与えられます。
逆に言えば、指紋認証をしないとログインができないように管理者特権を設定できるため、業務で使用するPCが大量にあり、厳密なソフトウェアの管理が必要となっているような業種においてはかなり有効にそれを使用していくことができます。

なおWindows7以前から指紋認証を使用してきた人は、アップデートによってその機能が認証されなくなってしまう場合もあるようです。
Windows7以降は標準ソフトとして付属している機能を使うことが前提とされているため、以前までと管理画面が大きく異なったりもします。
設定方法はコントロールパネルから簡単にできるようになっているので、新たに使用する人は設定をやり直すようにしてください。