Windows Hello

Windows Helloというセキュリティ

Windows10は既存ユーザーには無料でアップロードさせるなど、これまでの方針とは変わったことで大きな注目を集めました。
また、様々な機能が変わっていることで、それぞれ様々な要素に注目の目が集まっていますが、じつはあまり知られていないセキュリティ面での機能向上もあるのです。
それがWindows Helloです。

Windows Helloは一言で表現するならば自分しか持たないはずの生体情報を使用したアクセス方法です。
たとえば、これまでパソコンを開いて起動させ、画面を見られる状態にするためにはパスワードが求められるセキュリティ対策が当たり前でした。
しかし、パスワードの場合には推測されてしまったり、あまりに難解なパスワードを設定してセキュリティレベルは向上させたものの、本人がそのパスワードを忘れてしまって、アクセスできないという本末転倒な状態を引き起こしていました。

そのようなことになれば複雑なパスワードにするのをやめようと思って、シンプルなパスワードに戻してしまい、セキュリティレベルを低下させるという状況もあるのです。
しかしながら、今はパソコンに大切な情報をたくさん詰め込んでいますし、個人ユーザーならまだしも企業内にあるパソコンへのアクセスは悪意を持った人間には絶対にさせたくないものです。
だからこそセキュリティレベルは上げておくべきですし、個人ユーザーであっても家族などに見られたくない情報がある場合にはアクセスされたくありません。

顔認証や指紋認証をおこなうWindows Hello

そのような中でWindows Helloは英数字から作ったパスワードやIDではなく、生体情報を認証に用いるシステムを生み出したわけです。
具体的な認証方法としては指紋認証や顔認証などが用いられています。
パソコンに向けて顔を見せれば認証されるため、使い勝手も良いのが特徴と言われています。

もちろん、このような方式の認証では、当人であってもはじかれてしまうなどのエラーが考えられますが、少しずつ精度を向上させていき、ストレスのない使い方ができるようにしていくとWindowsでは考えているようです。
そのため、今後は英数字を打ち込んでパソコンにアクセスするのではなく、顔を見せて自分が自分であることを証明する形に徐々に移行していくのではないかと言われているのです。

セキュリティの強化はパソコンなどの分野では重要ですし、現在はオンラインでどこからでもアクセスできるアプリやサービスなども増えているので、これらが餌食になてしまう可能性があるのです。
だからこそ、Windows Helloのような認証は重要となり、今後はそれぞれのユーザーの中でWindows Helloを愛用していく動きが進化し、ほかのアプリやサービスでも同様のことが起こると予測されているのです。