指紋認証USB

メモリのセキュリティ強化

usbみなさんはUSBメモリを利用したことがありますか?
USBメモリとはUSBデバイスタイプの外部メモリで、さまざまなデータを移動させたりコピーさせたりするときに利用します。

USBメモリはフラッシュメモリを利用しているので、軽量で、音もなく使用出来るのが特徴です。
仕事などでデータのやり取りをする際に使われることが多いものですね。

しかし、軽量であるがゆえに窃盗にあったり、紛失したりすることもあります。
大切なデータが入っているケースがあるため、紛失した場合は心配になってしまいますよね。
そのため最近のUSBメモリには指紋認証でロックをかける仕組みが備わったものが販売されているのです。

指紋認証USBメモリの特徴

指紋認証ロック付きのUSBメモリはたくさんのメーカーから販売されています。
いろいろな仕様があるので、自分にあったものを探すのは大変です。
値段もさまざまなですので、どれを選んでよいのかがわからなくなってしまいます。

ある程度の仕様がわかればどれを購入するべきかがわかるはずですので、少し指紋認証ロック付きのUSBメモリの特徴についてお伝えしましょう。

まず指紋認証の認証方式が、「機器認証」と「PC内認証」の2つに分かれます。
機器認証とは指紋認証の照合をUSBメモリ内部で処理するものです。一方PC内認証というのは、認証の処理をPC側で行います。
そのため認証データがUSBメモリから一旦PCに送られて、その後照合の結果がUSBメモリに送られるのです。

このPC内認証で気をつけなければいけないのが、流れるデータがハッキングされるというケースです。
データは読まれた時点で時すでに遅しです。
ヨーロッパではこの手のデータの不正アクセスが増加しています。
そのためより高いセキュリティを望む場合には機器認証のUSBメモリを選ぶ方が良いでしょう。

USBメモリ内部のデータが暗号化されているかどうかも重要ですね。
メモリを物理的に取り外されてデータの取り出しを試みられる場合もあります。
その場合はデータの暗号化をかけていれば読み出されたデータを解読される頻度が少なくなります。

また機能としては嬉しい「バックドア」と言って指紋認証がうまくいかない時のパスワードが設定されてる場合があります。
しかし、パスワードは解読されるものと認識したほうが良いでしょう。なるべくバックドア機能がないものを選択しましょう

どんなものを選ぶか

ここまで説明したものが、指紋認証USBメモリを選ぶ際に参考にしてほしい項目です。
もちろん自分の予算感もあります。高いものは高いです。

操作性もどれを選ぶかの選択肢の中で重要になってきます。
いろんなものを使ってみて自分に一番あったものを選びましょう。