ペットの迷子対策にも

生体認証は人間だけではない

最近のペットブームでペットの数が非常に多くなりました。
そして迷子になるペットも非常に多くなったことでしょう。

最近ではペットの顔を登録しておき、生体認証させて迷子になった時の飼い主の特定を行うスマートフォン向けのアプリが開発されているのです。
生体認証を望んでいるのは人間だけではないのですね。

迷子になったペットは飼い主が見つからないとシェルターに送られたり、また最悪の場合は安楽死させられるケースもあります。
そのためいち早く飼い主のところに戻さなくてはなりません。

迷子のペットを探せる仕組み

どうやってペットを生体認証させて迷子になったペットを探すことが出来るかというと、まず飼い主がサインアップする際にペットの写真をシステムに登録します。
するとシステム側でペットの特徴を認証情報として登録するのです。

ペットの認証情報とともに、その他の特徴や性別、種類やサイズ、色などの情報を登録しておきます。

もし自分のペットが迷子になってしまった、いなくなった場合はこの登録したアプリケーションに連絡をとります。
連絡を受けた側はSNSや地域の関連部署などに捜索願を出します。
自分で知り合いの店や常連の店に捜索願のチラシを貼るよりも、よりたくさんの情報が集まります。

そして保護されているペットの情報も収集しますので、その中に捜索中のペットがいないかどうかをチェックします。
その際に当初に登録したペットの生体認証情報と、ペットの特徴などの情報をもとに、該当するペットが保護されていないかどうかをチェックするのです。

いち早く飼い主のところに戻してあげるために

これまでのペット捜索の技術としてたくさんの内容が試されてきました。
例えば最近もあるものとして、ペットの首輪などに取り付けるIDタグ、そして埋め込み型のマイクロチップなど、どこに居るのか、誰が保護しているのかまではわからずとも、保護してくれた人がしっかりと届けてくれさえすればペットは飼い主のところに戻ることが出来ます。

究極はGPIで追跡出来る機器を取付ておくという手段もあるでしょうが、普段の散歩でそんな手間がかかることをするでしょうか。
また家にいるときにそんな大きな機器を取付ておいてもペットが可愛そうですよね。

そのため、逃げてしまったペットを探すときは口コミの情報や、保護情報、そして、届け出があったペットが飼い主のペットであるかどうかをしっかりと識別出来るためのツールなのです。
それがペットの生体認証システムが求められる理由だと言えるでしょう。

模様が独特で、誰が見てもそれが飼い主のペットだとわかればいいですが、同色のペットもたくさんいます。
その中で飼い主のペットを見分けるためには生体認証がもっとも確実だということですね。