勤怠管理においての活用例

勤怠管理での導入例

タイムカードいらず企業における生体認証は、機密事項取り扱いなどの入室管理だけでなく、もっと日常的な場面でも利用されています。
ここ数年の間に非常に急激に利用件数が伸びているのが、勤怠管理システムでの活用です。

最近では業務形態、規模を問わず、必ずパソコンを使った業務が行われております。そして、低価格で高性能のパソコンを置いておくこともできるようになりました。
パソコン上で勤怠管理を行うといっても、従来であれば紙のタイムカードに出退勤の時刻を打刻し、それをあとから打ち込むという事務作業をしなくてはいけませんでした。
ですがこの認証システムを勤怠管理に組み込むことで、その打ち込み作業を全廃し、リアルタイムで出退勤状況を把握できるようになります。

出退勤を記録する勤怠管理にこのタイプの認証が使われるようになってきた背景には、カード式のタイムカードではその正確性に問題があり、正しく労務管理ができないという問題点があります。
常に経営者がいるわけではない小さな企業などでは、出勤している社員がしていない社員の分までも勝手にカードを押したり、不正に残業代を請求するといったようなことが起こりがちでした。
また事務作業的にも、先に述べたような面倒な打ち込み作業の発生のほか、カードの紛失や月ごとの準備の手間、さらに記録として残して置く場合のスペースの都合など、さまざまなマイナス面が従来式の勤怠管理システムにはありました。

そしてこのシステムではそれらの問題を一気に解決できるとともに、支店など遠方地域での勤怠状況も簡単に管理ができるので、新たな営業戦略に役立てる情報が利用できます。

企業において勤怠管理システムでは指静脈認証システムが採用されているところが多数あります。
そのシステムを紹介しているのがこちら。
参考:勤怠管理システムのKING OF TIME

このサイトで何度か紹介をしている「虹彩認証」や「掌形認証」という方法で勤怠管理をする方法もあると思います。しかし、虹彩の場合は登録に時間がかかる、目の病気が伴った場合には認証出来なくなります。掌形の場合は、機械が大きくなってしまうことや管理する人数が増えると登録データの容量が大きくなり、認証するのに大容量のデータサーバーが必要になることもあり、非効率とも言えます。

しかし、指静脈システムは機械が小型で、登録容量も他の認証方法と比べて容量は小さいのが特長です。初回登録には多少時間を要するものの他の方法と比べると短時間で登録が出来ます。

一元管理が可能

生体認証システムでは本人確認の瞬間の記録を瞬時にLAN回線を通じて本社サーバーに送信するので、打刻されたタイムカードをいちいち回収にいったり送付したりするという手間が必要ありません。
給与計算をその支店ごとに行う手間も必要もないので、人件費の計算を一箇所で一元的に行うことができます。

この勤怠管理は、現在のところ勤務する人数の入れ替わりが激しい小売店や飲食店などで導入されるケースが多いようです。
他にも病院内での勤怠管理に導入し、医薬品の取り扱いをする場所への入室管理や、担当する患者さんへの見回り状況などを一元的に管理する目的にも同時に用いられることもあります。
今後は一般企業などでも広く利用をされていくようになることでしょう。