iPhone5Sと指紋認証

iPhone5Sの機能

2013年9月に、Appleファン待望のiPhone5Sが発表されました。
毎回新製品には斬新な機能が搭載されていることで有名なiPhoneですが、中でも注目を集めたのは本体で行う指紋認証機能でした。

これまではiPhoneのロック機能は複雑な文字の組み合わせによるパスワードによる解除となってきましたが、それを指紋認証にすることで面倒な入力の手間から解放され、かつ自分以外の人から中のデータを見られることがないということになるので、かなり多くのユーザーが関心を持った様子でした。

具体的には、まず購入時に「指紋認証の設定」から画面上のポイントに認証に使用したい指先を乗せて、その形状を記録しておきます。
iPhone搭載の指紋センサーは「Touch ID」と呼ばれており、このときに指紋を登録することで、本体のロック解除および使用するApple IDのパスワード入力を省くことができるようになります。

使用感としては、普段は真っ黒になっている画面に指先を置くだけですぐに解除できるようになっており、スリープ状態から回復をするホームボタンにしばらく指をおいていれば、まるでロックがかかっていなかったかのようにスムーズに画面にログインすることができます。

また、アプリの購入などのときにいちいち入力をしなくてはいけなかったAppleIDも指をおくだけですぐにできるようになるので、無料のアプリの場合はすぐにダウンロード開始ができるようになります。

登録できる指紋の数は?

登録できる指紋の個数は最大で5個までとなっているので、右手全部の指を登録したり、左右で好きな指を登録したりしてもよいことになっています。

もちろん自分以外の家族や恋人などのものを登録してもOKです。
登録した指紋には情報をメモとして貼り付けることができるので、あとから削除や変更をすることもできます。

精度としてはかなり高いものらしく、例えば指を置くときにわざと反対向きにしたり、乗せ方がちょっと斜めであったりというときにも、比較的解除は簡単に行うことが出来ます。

便利な指紋認証機能ですが、そのデメリットを危惧する人もいるようです。
例えば指紋認証の場合パスワードとちがってあとから大きく変更をすることができないので、もし何らかの方法で破る方法がつくられてしまった場合、あとから変更することができません。

また家族や恋人などから、自分が寝ている間などにこっそりと解除をされてしまい登録内容を変更されてしまうこともあります。