生体認証を使ったキャッシュカード

生体認証システムを使ったATM

生体認証システムの最大の利点は、確実に本人確認ができるという点です。
その確実性が最も必要とされるのは、やはりキャッシュカードなど金銭の取り扱いを行う分野でしょう。
生体認証システムを使ったATMは既にいくつかの銀行で導入されており、使用者に安心感を与えてくれています。
既にこれを読んでいる人の中には自分のメインバンクとする銀行に行った時、手のひらをかざす装置で本人確認を行う機器からお金を引き出している人を見かけたことがある人もいることでしょう。
生体認証システムがさらに一般的になれば、キャッシュカードを盗難または紛失したとしても、それを使って犯人がお金を引き出すことはできませんので、安心感を持って日常生活を送れます。

現在までのところ、金融機関において使用されている生体認証システムは「指静脈方式」と「手のひら静脈方式」のどちらかです。
この二つの方式はそれぞれ別の企業が独自の規格をもっているため、両方のシステムが併用されるというケースはありません。
このような企業間のシェア争いはなにも生体認証システムだけに始まったことではありませんが、しかしこの二つがお互い相容れないシステムになっていることで、使用者にとっては若干の不都合が生じてしまっていることは確かです。
例えば、各銀行に備え付けてある銀行におかれている生体認証システム付きのATMはそれほど精度が高いものではなく、例え事前に登録をしている本人であっても、実際に使用をしてみたら何度もエラーが出て認証ができないということもあるからです。
もし二つのシステムが併用されるようになれば、どちらか一方で確認ができれば認証確認ができるといった利便性が出るのではないかと思いますが致し方ありません。

生体認証形式キャッシュカードシステム

また、今後生体認証形式のキャッシュカードシステムが普及したとき、銀行間の取引ができるかどうかという問題が生じてしまいます。
現在、暗証番号で照合ができれば(手数料が必要となることはあるものの)他の金融機関に預けてある預金を引き出すことも可能です。
ですが、生体認証システムによる確認が前提となる場合、金融機関によって認証する方式が違うと確認ができず、うまく操作ができないということも考えられます。

現在はそれほど生体認証キャッシュカードは普及していないため問題が表面化していませんが、今後の動向によっては大きな変化が起こるかもしれません。
いずれにしても、利用者の立場に立った利便性の高いシステムを作っていってもらいたいものです。