出入国手続きの自動化ゲート

自動化ゲートでスムーズに

海外出張や海外旅行に行く際、空港の出入国審査場が非常に混み合ってしまうことが多いです。
この場合、自動化ゲートを利用した方がより早く出入国手続きが済みます。

自動化ゲートというのは、パスポートと指紋の照合によって本人確認を行うというものです。
自動的に出入国手続きができるので、順番を待つということもありません。
使い方も簡単でディスプレイの表示に従い操作を行うだけなので、誰でもできます。

理容登録はフライト当日、空港で行うことができます。
ただし、自動化ゲートの利用登録、利用には留意事項があります。
自動化ゲートを利用するとき、一人で指紋の提供また機会の操作ができる事、12歳ぐらいまでのお子さんの場合、指紋が十分できていないので指紋登録ができないことがある事、登録できても自動化ゲートの認証ができないことがあるという事、指紋の摩耗や加齢によって登録できない、また登録しても照合できず利用できないことがある事などを理解しておかなければなりません。

自動化ゲートを利用する利点

自動化ゲートを利用することで、出入国審査場が混雑している時、スムーズでスピーディに出入国の手続きを行うことができます。
登録はディスプレイによって簡単に行うことができるので誰にでもできます。

パスポート、申請書の実でフライト当日簡単に登録できるので、このシステムは非常に利用価値が高いと考えられます。

登録について

利用者登録はフライト当日、空港で行うことができるので非常に便利です。
登録カウンターにある申請書に記入し、パスポートと一緒に登録カウンターの職員に渡します。
利用者登録では指紋認証を行うため、指紋を登録します。

自動化ゲートの利用登録に利用料はかからず無料で行うことができます。
登録手続きが終われば、その日のフライトから自動化ゲートを利用する事ができます。

この利用者登録を行うことで、登録を行った空港以外でも、自動化ゲートを利用できるのでとても便利です。
申請書は法務省のホームページから入手できます。

外国籍の方が再入国許可によって出国される場合、再入国許可を有している事、みなし再入国許可制度の対象となっている方であることが必要です。

自動化ゲートの設置場所について

まず、成田空港は第一ターミナル、第二ターミナルの各出国審査場、上陸審査場にあります。
羽田空港は中央、北の各出国審査場、上陸審査場内の入国管理局事務所にあります。
そして、中部空港は出国審査場、上陸審査場にあります。
関西空港は、第一ターミナル、第二ターミナルの各出国審査場、上陸審査場にあります。

ほとんどの空港化8時から16時、17時まで利用できます。
羽田空港の出国審査場、関西空港の第一ターミナルビル3階南北出国審査場は、受付が20時、21時となっています。