顔認証システムとユビキタスネットワーク

ユビキタスネットワークとは?

生体認証のうち、非接触で登録の手間がほとんどかからないのが顔認証システムです。

現在ではかなり多くの家庭において、玄関先でドアの向こうの人の様子を確認できるドアホンやカメラが使用されていますが、顔認証システムではこの人の目視による確認を機械で自動化できるようにしています。

顔認証システムは近年住宅メーカーを中心に非常に多くの企業で取り入れが進んでいる技術です。この発展の背景には、ここ数年内に起こった構成のコンピューターの低価格化や高性能化が関係しています。
それまでは画像認識をするためのデジタル画像処理機材は非常に高価で取り扱いに専門性が必要でしたが、最近では特に仕事として関わる人でなくても趣味として気軽に撮影動画を編集したりできるようになっています。

このシステムの最大のメリットは、指紋認証や虹彩認証のように厳重なチェックをうけるための拘束される必要がないことです。
カメラの存在を目立たなくしてしまえば、本人認証をされているという自覚もなく自然にチェックをされることができるのです。

ゲート通過のためのチェックなどでは、他の接触式生体認証をお願いするのは疑っているかのようで申し訳ない場面でも、顔認証システムであれば本人の同意なく簡単に登録や利用ができます。
反対に防犯対策として顔認証システムのチェックをしているということをわかるように掲示しておくと、空き巣目的の下見や迷惑なポスティングをする業者に対する大きな牽制効果を与えることができます。

小売店での顔認証システム

企業においては小売店の内部に顔認証システムのためのカメラをつけておくことで、訪れる人数や年代、性別などのデータを収集することができます。

顔認証システムのデメリットをあえて挙げていくとすると、指紋や虹彩のような接触型の認証システムに比べ、遠方からの確認であるため精度がやや落ちてしまうということがあります。
また、一卵性双生児など簡単に見分けがつかない人の場合には同一人物として認証してしまうこともあります。

しかし、幼児など同一人物であっても顔つきに時間経過による変化が起こってしまうと、同一人物とはみなされず思った効果が得られないこともあります。
ですが、今後は個人や企業を問わずより広く利用されていくことが予想されるのがこの顔認証システムです。
ネットワークによって家電製品や業務を管理するユビキタスネットワーク構築に、この顔認証システムが大きな役割を果たしていくことでしょう。