モフィリアの認証方式

生体認証サービス

生体認証はそのサービスを本当に利用して良い本人であるのかを特定するために存在します。
また、企業や組織などが関係者の入退室を制限したい場合にも生体認証は用いられています。
そのため、現在は多くの組織やサービスなどにおいて生体認証が用いられる状態になっているのですが、このようなシステムを作り出している会社のひとつがモフィリアです。

そもそも生体認証には様々なタイプがありますが、モフィリアでは指静脈認証を用いたシステムも持っています。
指を機械に当てて認証をおこなうために見た目には指紋認証をおこなっているのと同じような状態なのですが、機械が見ているのは指紋ではなく、皮膚の向こう側にある静脈です。
つまりは血管を見ているのです。

血管を見るとなればその日の気温や体調などによって変化があるため、認証がきちんとおこなえるのかと考える人もいるのですが、モフィリアの指静脈認証システムではあらゆる環境下でも認証がおこなえるような高度な技術が用いられているので安心できると言われているのです。

また、指静脈認証にはいくつかのパターンがあり、それが1対1認証と1対N認証です。
あらかじめ登録されている静脈のデータと同一のデータを持つ人物であるかどうかをシステムが判別するという意味合いではどちらの認証方式も同じなのですが、このシステムを使う人間の利便性などに違いがあるというわけです。

利便性の高いシステム

どういうことかと言えば1対1認証では登録されたデータの中から自分の名前を探し出して、その上で指を当てて認証を受けます。
一方の1対N認証では自分で探さなくてもシステム側が登録されているデータの中から該当するデータがあるかどうかを自動的に探してくれます。
つまり、人間側の利便性が高いのが1対N認証なのです。

モフィリアではこの1対N認証を取り入れたシステムを設けており、利便性の高いセキュリティを実現していると言われています。
セキュリティは当事者にとってとても大切なことですが、だからといってそこに不便な現実があるようでは使い勝手が悪くなってしまい、日々ストレスを抱えることになるかもしれません。
そのため、システム側が自動で検索をおこなってくれるこのようなシステムは当事者が受け入れやすい状況にもあると言われています。

中にはせっかくシステムを導入したのに、面倒だからという理由でシステムを使うのをやめてしまう人や組織もあるといいますので、それでは本末転倒となります。
だからこそ、利便性が高く、ストレスのないと言われる1対N認証のシステムは重宝されており、そのような生体認証のシステムによってセキュリティを提供するモフィリアにも注目の目が集まっていると言われているわけです。