情報漏洩による企業への影響

現代に多い情報漏洩問題・・この影響は大きい

ニュースなどでも大手企業の情報漏洩が報道されることが多くなっています。
インターネット社会となっている今、情報漏洩についての対策を強化することは企業にとって非常に重要な事です。

情報漏洩に関する事故、また内部から情報が漏れたなどの問題については、近年多発しているといってもいい位に多く、企業は情報、機密事項を保護するために何が必要なのか、対策を講じていると思いますが、事故発生の件数は減少していません。

情報漏洩事故の中でも、報道される事案については、企業、団体などの顧客情報が漏れたなど、個人情報の漏洩が多く、企業の重要な機密事項などの情報が漏れたなどの話は伝わってきません。

個人情報の漏洩については公表しなければならない義務を持っているのですが、秘密情報が漏れた場合の公表は義務がなく、また企業間が話し合いによって解決するということが多いために、私達に報道などから伝わってくることはほとんどありません。

個人情報の漏洩は多くなっていると報道などから感じますが、実は企業の機密情報の漏洩事故も起っており、私達が知らずにいるだけともいえます。
企業間機密情報の漏洩が少ないのではなく、実際に知らされることがないだけということも理解しておくべきです。

漏洩における企業ダメージの大きさ

個人情報の漏洩などがニュースなどで報道されると、みなさんその企業について、こうした情報に関するセキュリティがしっかりしていない、この企業を利用すると自分の情報が漏れるかもしれないと不安になります。

情報漏洩によって企業が受けるダメージの大きさは計り知れず、業務自体、また経営事態に影響することです。

個人情報の漏れが起きた時、企業にどのくらいのダメージがあるのか、これは個人情報の漏洩によって損害賠償請求等の事例があり、この事故を知らせるための情報発送、送付などにかかる費用含めると、1人当り数百円から数万円といわれています。

この数が多くなればなるほど、つまり情報漏洩した個人情報の数が大きくなればなるほど、企業は多大なコストをかけて問題を解決する必要があるということがわかります。

個人情報が漏れたことによって勧誘などの電話が頻繁にかかってくるようになったといった被害が発生した場合には、企業が自主的に被害者一人一人へ、商品券などを配布することもあり、事例によると1人1万の商品券を配り、総合して5億円ものコストがかかったということもあります。

情報漏洩による影響はイメージ、コスト・・・大きすぎる問題

大手企業であっても個人情報の漏洩の数が大きくなれば、その分、賠償コストも大きくなりますし、企業のコンプライアンスに対する信用も無くなります。

情報漏洩はその情報が漏れたということ自体も業務に支障をきたしますが、企業が受ける総合イメージ、さらに問題解決にかかるすべての費用を考えても、影響は多大な事となるのです。