不正ログイン被害拡大によりさらに注目を集めている

セキュリティのさらなる重要性

みなさんは普段インターネットでなにかにログインをして、何かを見たり、入力したり、または買い物をするケースが多くなってきているのではないでしょうか。

何もかもが簡単に出来るようになった反面、現在はLINEの乗っ取りや、そのたSNSの不正アクセスで迷惑を被っている人も中にはいらっしゃるかと思います。

みなさんのSNSにはさまざまな情報が詰め込まれています。
個人情報に当たるものもここには詰まっていますので、そのアカウントとパスワードの管理は非常に重要な項目なんですね。

セキュリティの種類

セキュリティにはどんなものがあると思いますか?

セキュリティには大きく3つの方法が存在していると言われています。
まずはカードや鍵などによるセキュリティですね。
現状ほとんどの家屋で鍵がついており、みなさんはその家屋やホテルの一室に鍵やカードを利用して入室します。
もっとも原始的なセキュリティと言ってもいいでしょう。

次にIDやパスワードによるセキュリティがあります。これはインターネットが一般的に普及し始めてから定着した概念だといえるでしょう。
どこかのサイトにログインするために、例えばメールアドレスであったり、自分で設定したニックネームなどもありますが、基本的には登録したもので利用します。

最後に生体認証システムといって、自分でパスを作り上げるという概念のもとで暗号化を行う規格です。
今生体認証システムが次世代のセキュリティとして、非常に注目されています。
これまでの煩雑なパスワードを入力してセキュリティを解除するのではなく、自分の静脈や指紋、最新のものであれば網膜などをキーにして本人の認証を行うのです。
そのため、本人の称号がかなり正確に行えるし、なりすましがほとんど出来ません。

生体認証はどんなところで使われる

生体認証は昨今さまざまな場所で登場しますが、セキュリティの高い部分で利用される場所としては研究機関であったり、機密情報を取り扱う場所であったりします。

みなさんの利用しているパソコンにも生体認証のデバイスがあるんですよ。
利用されている方もいらっしゃると思いますが、指紋認証のデバイスは現在かなり普及しているものではないでしょうか。

ノートパソコンに金属の帯状の機器が取り付けられていると思いますが、それが指紋認証デバイスです。
最近のiPhoneにもホームボタンの部分が指紋認証のデバイスになっています。

この生体認証はなりすます事がほぼ不可能であると言われています
誰かに知られて使われてしまうパスコードや、盗まれる事で利用されるリスクがある鍵などに変わり、自分自身が鍵になるという機密性を持つ生体認証はこれから更に活躍の場があるでしょう。