東京五輪に向けた生体認証の可能性

危機管理ビジネスを活かすオリンピックへ

東京五輪についてはいいにつけ悪いにつけ、すでに毎日のように出てくる話題となっています。
各地で4年に1回行われるオリンピックは、スポーツの祭典であり平和の祭典です。
こうした大きな国家的イベントを成功させるために、非常に大切になるのが危機管理です。

テロが世界各国で起こってしまっている以上、東京五輪もその標的にならないとは言い切れません。
スポーツの祭典であり、まったく政治と無関係だといっても数々の地域でこうしたイベントを狙ったテロなどが起こっていることは事実です。
平和な日本、安全な日本と呼ばれるこの国で行われる東京五輪は、危機管理を徹底し、安全で何も起こらなかった折ピックにしなければなりません。

東京五輪に向けては、危機管理ビジネスの成長も非常に期待される中、NECは独自の性愛認証、行動検地技術などを取り入れたパブリックセールティ製品、さらに災害時にネットワーク負荷を自由に制御できるというネットワーク製品を提案していくとしています。

危機管理ビジネスについては日本は世界に誇る技術を持っていますので、東京五輪では確実な安全管理を目指し得てほしいものです。

行動検地システムとは

東京五輪では1日最大92万人、延べ1010万人が訪れると予想されています。
競技会場が選手村を中心として半径8キロ内に設定されているというコンパクト設計の大会として印象付けているオリンピックです。

ここでもしも、大きな事故、テロなどはが起こってしまえばとてつもなく甚大な被害が予想されます。
そこで、NECが誇る行動検地システムです。

通常とは異なる人々の異常な行動を検知するというシステムです。
監視カメラによって映像を解析、どのくらい混雑しているかスピーディに確認できます。

オリンピック会場への道が混雑すればモニターで色と警告音で知ることができます。
警備本部は迂回路を利用して素早く誘導を担当する人に指示をだすことができ、混雑の軽減につながります。

もしも人が急に倒れたり、暴動のような行動が起きる場合でも検知ができるので、大きな事故につながらないようにできるのです。
今回のオリンピックのような大きな大会以外、雑踏や犯罪の起きやすい場所などにも利用できるでしょう。

生体認証システムはいろいろ利用されている

生体認証システムはすでに空港や金融機関、大手一般企業等で利用されています。
NECは指紋認証のNECとも呼ばれ、最近は顔認証技術においても世界で知名度を上げています。

指紋認証と顔認証については米国国立標準技術研究所実施のベンチマークテストでNO1と評価されているくらいです。
さらに指紋認証については他社も研究が進み、利用され始めてから年数も経過しているので他社との差が縮まりつつありますが、顔認証については圧倒的です。

カメラに映る映像から顔を検出し個人を特定するという技術です。
こうした高い技術を持っている企業がタッグを組むことで、日本が誇る危機管理システムはさらに高品質なものが誕生していくでしょう。
東京五輪では驚くべき制度の認証がセキュリティ対策として利用されるに違いありません。