着席認証システムの実用性

着座認証とは?

様々なシーンにおいて、認証が活用されるようになってきました。
例えば指紋認証などはスマホ、金融機関などでも導入されていますし、静脈認証なども利用されています。
色々な認証が登場することによって、私たちの生活はさらに安全に、高いセキュリティの中、暮らしを営んでいけるようになっていますが、皆さんは着座認証という認証方式をご存知でしょうか。

着座認証というのは、お尻で認証するというシステムです。
例えば車の座席に座った時、オフィスの椅子に座った時、教室の椅子に座った時など、認証システムによって本人確認ができるという画期的なものです。
持っているものを認証に利用するという事ではないので、なくすという事もありませんし、成りすまししにくい生体認証の中でも、非常に手軽に利用できる方法としてこれから先の実用が期待されているのです。

活用シーンは様々

実験では自動車のシートについて認証試験が行われています。
自動車のシートとシステムを連動させることによって、運転者が自動車の座席に座ることで、初めて自動車が機能するというものです。
これを応用して、カーナビの設定、オーディオの自動設定など、様々な活用ができます。

オフィスや学校においても、個人の本人確認が可能になりますし、着座しないとログインできないようなシステム、セキュリティを作ることもできるでしょう。
座るという日常生活で何度も行うことで、簡単に認証できるというのが、着座認証の画期的な部分です。

実用性はどうなのか

足裏認証があったことで、着座認証の研究が始まったのですが、実際にまた足裏圧力による認証についても模索中です。
病院や工場などのセキュリティの強固が求められる現場での活用が期待されています。

床全体を圧力センサで多い認証を超えた分析という分野にも活かせると考えられていますし、足跡の個人識別ができるようになってくれば、さらに研究が進むといわれています。
これと同じように着座システムについても、様々な問題をクリアしていく必要がありますが、実用できれば非常に画期的なシステムになることは間違いありません。

日常生活の中の基本動作となる座る、立つ、寝る、歩くといった行動を行うことで、認証ができるという世界になれば、リスク管理や危機管理が容易になるでしょう。
個人の圧力分布を発生させるこうした行動を、どのように正確にとらえて認証に活かすのかということ、より正確性を確かなものにすることなどが、これから求められていくことになるでしょう。

実用性はこの先、研究によって少しずつ近づいていくと考えられますが、認証がいろいろな方法として広がっていくことによって、これまで指紋認証が利用できない、しにくいといわれていたお子さんや高齢者の認証もできるようになっていくでしょう。